「4つの見える化」で生産性の向上を実現 エース・インテック有限会社
MENU

お気軽にお問合せ下さい

0532-26-2028

お問合せ

営業時間 9:00~18:00

4つの「見える化」で現場のニーズにお応えします。

稼働管理システム/現場の機械設備の稼働状況をリアルタイムに把握できるシステムです。製造現場の生産状況を「見える化」し、「むり」「むだ」「むら」を顕著化。徹底的に排除することで、「コストダウン」や「改善」につながります。

モノをインターネットで接続

今後のキーワードとなるのは「ものづくりIoT」「インターネットオブシングス」です。メーカーや機械の種類を問わず、あらゆる機械設備から情報を収集して集中管理し、リアルタイムで機械設備状況を「見える(視える)化」したり、データ化して出力ができるシステムです。

□工場全体の機械稼働状況を数値化できておらず、改善策を考えにくい。集計に手間がかかる。
□機械が停止していてもリアルタイムで把握ができず、問題発生時に迅速な対応ができない。
□稼働時間を一眼管理する機器を導入するにも、配線工事等、コストや時間がかかる。

こんな課題をお持ちの方に最適なシステムです。

弊社はソフトウェアとハードウェアを使い、「設備と人の効率の良い製造現場」を実現するためのシステム提案、サポートを目指しています。それぞれの製造現場に特化した製品を販売しています。

「エース・インテック」の会社案内はこちらからダウンロード可能です。

見える化その1 専用ソフトウェアで見える化

SimpleScada等のアプリケーションソフトウェアとハードウェアを組み合わで製造現場(プレス加工・溶断加工・部品加工・金型加工)の設備を一元管理を行います。

見える化その2 エクセルで見える化

現場の状況を頭の中だけで組み立てるのではなく、数字で把握し共有して、はじめて「改善」が生まれます。エクセル内で知りたい数字が一目で分かるので、目標設定も行いやすいです。

見える化その3 上位システムとの連携で見える化

ユーザー様独自のシステムとデータ連携を行い、随時更新されるデータを引き渡します。 専用ソフトウェアの開発も可能です。

見える化その4 携帯メールで見える化

工作機械のアラーム信号を、ネットワーク経由の管理パソコンから設定されたメールアドレスへ、アラーム発生を自動的に通知。現場の状況がどうなっているのかを携帯等の遠隔地でも知ることができます。

製造現場(プレス加工・溶断加工・部品加工・金型加工)の設備のパトライト等のアラーム情報を収集しインターネットを経由でメールにてアナウンスします(Operation・Eye)の販売、設置、サポートおよびユーザー様、独自の収集方法、集計方法へのカスタマイズ対応を行います。

ソフトウェア

6月の営業カレンダー

  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6

7月の営業カレンダー

  • 30
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10