NC858

概要

NC858は、シリアル信号をパラレル信号へ変換する機器です。

NC機の紙テープリーダーから、NC機内部へデータを送っているケーブルを取り外し、間に差込んで使用します。

NC機の加工データが入出力機器(PC等)から送られてくると、NC858はこのシリアル信号をパラレル信号に変換し、

あたかも紙テープリーダーが紙テープを読んだかのように振る舞い、NC機内に送ります。

NC機側の操作は紙テープを読込む場合とまったく同様です。

このNC858を使えば、NC機にRS-232CポートやRBU(リモートバッファ)がなくても、

NCメモリへの入力やDNCによる連続運転加工が可能になります。

特徴

NC機にRS-232Cポートが存在しない場合に、テープリーダ経由でデータの入力が可能です。

NC858を取付けることにより、テープ長に関係なくNC機のメモリに入力ができます。

またはDNC運転を行いながら加工することが可能となります。

スイッチ切換により、今までご使用いただいていた紙テープも使用できます。

 

製品仕様

データコード EIA又はISO
プロトコル プロトコルB
フロー制御 DC1(11H) / DC3(93H)
ハンドシェーク方式 ソフトウェア( Xon / Xoff ) 制御

ハードウェア( RTS / CTS ) 制御

通信速度 4800 / 9600 / 19200 / 38400 / 76800bps
バッファ容量 24KB(紙テープ長で約60m)
RS-232C あり( D-SUB9ピン オス )
RS-422 あり( RJ45コネクタ )
消費電力 DC5V/2AまたはAC100V/0.15A
本体基盤外形寸法 サイクリック伝送